インプラント治療で快適な食生活

抜歯をした場合には部分入れ歯を使用することが一般的です。保険治療の範囲内で抜歯後の処置を行う場合には、入れ歯の煩わしさや手入れの大変さをある程度は受容しなければならないものですが、保険外治療のインプラント治療では、より快適で安心感のある食生活を取り戻すことが可能です。自分の歯と同じような感覚が得られることや、きちんとしたメンテナンスをしていれば半永久的に使用し続けることができるインプラント治療は、歯の健康を重視する方から選ばれている治療方法です。

自身の歯のようなインプラント

インプラントは歯科治療の中でも最先端のものであり、人工の歯根を顎の骨に埋め込むことが必要なので外科手術を伴うため、医師の専門的な治療に対する技術と経験が必須となります。人工歯根を骨に埋め込んだら骨とくっつくのを3〜6ヶ月ほど待ちます。骨と人工歯根が結合できたことを確認したらインプラントに人工の歯根を取り付けることになります。この治療の特長として健康な歯を損なう必要がなく、自身の歯と同じように噛むことができます。

↑PAGE TOP

Menu