• トップ /
  • インプラントの説明とケア

インプラント治療専門の歯科

インプラントは、虫歯やケガなどで失った歯の部分に人工の歯根を埋める治療法です。歯根を埋めるためには外科手術が必要になりますが、入れ歯やブリッジのように、他の歯を一部削ってバネをかける必要がなく、もともとの歯がよみがえったように、しっかり食べ物を咀嚼することができます。ただ、歯根を植えた後は、継続した丁寧な手入れが必要になります。そのため、インプラント治療を行う歯科と行わない歯科があります。治療後の手入れやケアについても丁寧に説明してくれる専門の医師の治療を受けると安心できます。

インプラント治療をするケース

インプラント治療をする場合無くなった歯の代替えの側面が一般的です。基本的に歯を失った場合の治療手段の一つとなります。そして歯を失ってなくても事故等による歯の骨折や歯周病で歯がダメになっている場合もインプラントの治療ができるようになっています。,元と同じような使用感覚になるのがこの治療特徴です。しかし元々の歯並びが悪かった場合は綺麗な歯並びにすることが可能である点も見逃せません。,また治療によっては噛み合わせの不具合の改善になることもあります。

↑PAGE TOP

Menu